身体に違和感を感じたらすぐに病院へ(医師の適切な治療)

大病に気をつける

処方薬

脂質異常症は中性脂肪とコレステロールが増える病気です。

三大栄養素の一つである脂質には、トリグリセリド(中性脂肪)とコレステロールが含まれます。これらの成分が血中で異常に高い値を示す状態を高脂血症または脂質異常症といいます。それぞれ高トリグリセリド血症・高コレステロール血症と呼び、一緒におこることが多くあります。コレステロールには悪玉と善玉があり、中性脂肪の高値と悪玉の異常高値や善玉の低値が血管の動脈硬化症につながります。 脂質異常症には、遺伝性と考えられる家族性の脂質異常症と原因が明らかか他の病気に伴う二次性があります。二次性の原因は、脂質の摂り過ぎと運動不足です。また糖尿病・メタボリック症候群・アルコールの摂りすぎ・慢性の腎臓病・ある種の肝臓病・甲状腺機能低下症などの病気やいくつかの治療薬でも脂質異常症がおこります。

治療には合併症がおこる前の生活改善が重要です。

家族性脂質異常症の患者さんでは、脂質を取り込んだ細胞が集まってできる黄色腫がまぶたや足の関節などでみられます。脂質異常症が進行すると脂肪性沈着物が動脈血管に蓄積して動脈硬化症になり、この病変が心臓におこると狭心症や心筋梗塞、脳の血管におこって脳出血などの血管障害、末梢血管におきて末梢動脈疾患につながります。また急性の膵炎などをおこすこともあります。 脂質異常症の治療には、過食を止め栄養バランスを考慮した低脂肪・低塩分食を摂り禁酒禁煙を守り運動することが大事です。生活環境を変えても効果が無い場合や病気が重いときには、肝臓での悪玉コレステロールを作る酵素の働きを阻止する薬や脂肪酸が中性脂肪に換わるのを防ぐニコチン酸誘導体などの薬が用いられます。